ブログトップ

エマイユ おたのしみ Notes

hanaemail.exblog.jp

舞台の広告を駅でみつけました。

知り合いの名前をみつけてニッコリ!!
c0182815_941185.jpg

中央線の私が利用する駅に、知り合いの出演する舞台広告をみつけました。きちんとお名前も出ていて、天気もよく良い1日になりそうな気持になりました。

JRの駅には沢山貼りだされてるみたいで、うれしくなり、土曜日の朝だったので写メをとってしまいました。1月6日からお稽古スタートと言ってらしたけど、毎日がんばっているのかな〜。

c0182815_9412425.jpg


怪盗セブンオフィシャルHPはこちら>>

海盗セブン/スポット





ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
[PR]
# by hana-email | 2012-02-06 09:48 | おでかけ・旅

コトラの「ことちゃん」らぶり〜〜だわ

実家でのお正月と猫ちゃん
c0182815_2141692.jpg

わ〜〜ぱたぱたしているあいだに、もう今日から2月になってしまいました。

今年も無事に帰省することができました。原子力発電所からの送電がとまり静かな実家でのお正月でした。近所の土地が坪単価3000円になったという噂もきき、幼なじみと高校生が貯めたお年玉で宅地が買えてしまうねえなど生々しい話をしたり、きいたり…

寒いから可哀想と野良猫をうちの工場に寝泊まりさせたり猫が増えていてびっくりした今回の帰省。
(のらちゃんだけど名前をつけていたりして)
こちらはちゃんと室内でかわれている『ことら』のことちゃんです。外に出してないから、綺麗でしたが、自分で扉をあけるからと両親が時代劇みたいな「つっかい棒」をあちこちしていて、多分ご近所から変わってる~と思われてるにちがいないと思うわたしなのでした~。
c0182815_2185050.jpg

そのおかげか「ことちゃん」の手はまっしろ!!!



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
[PR]
# by hana-email | 2012-02-01 21:10 | 自己紹介&家族

今年の年賀状デザイン

龍と原子力発電所が描かれたデザイン 2012
c0182815_113628.jpg


今年の年賀状もK君に絵を描いてもらいました。福島県で大変な発電所の事故もおきましたが私の実家も原子力発電所をかかえる町。わたしの家から原発の敷地までは1500メートルくらいの至近距離でもあるのです。

今年は「辰年」です。わたしが子ども時代から初詣はもちろん一時期は時に遊び場でもあった神社には遠州七不思議桜ヶ池の竜神伝説という不思議な物語もあるので、K君に龍と発電所にうちのダックスフントのはなちゃんをどこかに入れてとあいかわらずの面倒なリクエストをしてしまいましたが、このような素敵なデザインにしあがってきました。

もう年が明けてだいぶ日にちが過ぎてしまいましたが、今年もどうぞよろしくおねがいします。
[PR]
# by hana-email | 2012-01-27 11:48 | 自己紹介&家族

さようなら " 橋本のおじさん " 2011.12.20

かわいがってくれてありがとう

夜遅くに実家へ電話をしたけれどもつながらなくて心配に。。翌日電話でおとなりのおじちゃんが亡くなったことをしりました。

90代で身体は調子が悪くても頭はしっかりとしているおじちゃんでした。地元の中学高校の制服などを卸していたりもする洋品店を営み、わたしは「橋本のおじさん」といっていたけれど、小さな頃から可愛がってもらい、帰省の時にはいい年になったわたしに「お年玉」まで用意してくれる人でもありました。

帰省のたびにわたしの子ども時代を知る人たちが天国へ行ってしまった話をきくのはさびしいものです。
[PR]
# by hana-email | 2011-12-27 09:20 | 2011訃報

新潟中越地震から7年/2011.10.23

たっこに逢いたいなあ〜

もうあの日から7年も過ぎたなんて。。。東京でもぐらっと感じた地震。
わたしにはとてもユーモアがあってチャーミングな大学時代からの親しい友人がいました。機転も効くし生命力のある彼女が地震で亡くなって7年が過ぎました。有名人でもなく普通の人でしたが注目をあびる事となってしまいました。時間の経過もあるからもう大丈夫かな?今日はすこし友人のことなど書いてみようと思います。

地震後、電話がつながらない状態でもまさか彼女が事故に巻き込まれているなんて想像もしていませんでした。メールしても返信がないしどうしたかと思って他の友人たちと心配しあっていたけれど、ある友達がNHKのニュースで彼女の名前をきいた、家族の人が連絡を待っているという内容のものだったように記憶しているが、家事をしていた友人は名前だけニュースで。。。ということでネットにアクセスして情報をさがしたことを記憶しています。

数日後、土砂崩れに巻き込まれていることがわかったのだけれど、それが全国的に放送されるという事態になり、私も見守ることになってしまいました。報道では彼女が助かったというような内容が一瞬あったけれど、それはあやまりで結局、亡くなってしまったという内容に本当に絶望したことを記憶しています。そんな経験からよく調べて相手の立場になって報道してほしいなあと思ったし、2ちゃんねるで彼女の救出を野次馬的にいろいろ発言している人たちに友人達と腹を立てたのを覚えています。

その場所まで出かけていって岩をどかしたいと思ったり、雨が降ってくると寒いだろうと止んで欲しいと祈ったりの数日でした。一人っ子だった彼女が、残されてしまう両親に希望を持てるようにと、そんな強い気持ちが息子を救出させたのではないかと私たち今も思っています。
上空から発見されたのは彼女の車のナンバープレートが岩の間からちょっと顔を出していただけ。よく発見できたなあ〜と今でも思います。
c0182815_0252241.jpg

ニュース番組で通夜告別式の時間をしり、遊びに行った時に泊めてもらったお家がテレビに映り、彼女は亡くなってしまったのに彼女の家周辺は大きな被害はなく普段のままだったのが何ともやりきれない気持ちになったものでした。
自宅でおこなわれた葬儀。お手洗いを借りたときに助かった息子のおしりふきを見つけた時に、置く別式なのに本当に数日前までの彼女の生活の、生きていた、生活があったのだ!というのを感じてしまい、彼女が亡くなった事が事実なのかどうなのか、わけがわからなくなった事をよく覚えています。

彼女の忘れ形見はすくすく育っているのはうれしい。でも、やっぱり彼女、たっこに会いたいなあ〜。元気であかるい声がわたしの記憶にずっと残っています。

彼女との楽しい思い出も今度すこし書いてみようと思っています。


ドキュメント新潟県中越地震―10・27奇跡の救出

Jレスキュー編集部 / イカロス出版


[PR]
# by hana-email | 2011-10-24 01:05

あいたい/ATOMI

「あいたい」という言葉のみの歌
c0182815_074815.jpg




Blogを更新するのは本当に久しぶりです。新潟県中越地震から7年目の日曜日。この歌を聴きながら亡くなった友達を思いました。

永六輔さん作詞の歌で、ずいぶん昔にラジオで聴いてCDを購入しました。おぼろげな記憶ですが、この歌を通夜か葬儀でつかったかたがいらしたそうです。
ラジオではこの曲を流しながらコーナーができて、それが書籍にまとめられたことがあったようです。

逢いたい。

ATOMI / バンダイ・ミュージックエンタテインメント


[PR]
# by hana-email | 2011-10-23 23:55

フレディ・マーキュリーの生誕65周年 /Googleトップ

9月5日が誕生日だったのねえ〜〜

c0182815_127142.jpg





Googleのページこちら>>



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
[PR]
# by hana-email | 2011-09-05 12:06

今日は終戦記念日

こんな日は祖母の話を思い出す。

8月15日の今日は「終戦記念日」すっかり忘れていたけれど、ニュースで思い出しました。実体験のある世代の方々は天国へと沢山旅立っていったので風化してきたような印象もうけます。

こんな日は、子どもの頃に祖母が話してくれた玉音放送のことや、田舎でも食べ物がなくてお芋のつるやすいとんを食べたこと。。。「すいとん」をしらないわたしや従兄弟たちに「すいとん」をつくり当時の味よりこれは全然おいしい!とそんなことを思い出しました。


父は小さな頃のトラウマかサツマイモはあまり好きではありません。子どもだったけれど、当日のことは子どもながらによく覚えて昔話してくれました。
この世代は、悲惨な体験があるので私のように三陸の津波被害の場所をみても、永六輔さんはラジオで東京の焼け野原などを見ているので動じないし何年もかかって復旧していくこと、すぐにボランティアやなにかやらなきゃと、それが出来ていないからと自分をせめたりしなくていいと言い、長いあいだに「何かをしたい」という気持ちを持ち続けて、ゆっくり行動にうつしていいんだよ〜という戦争体験者の話は、戦争をしらない世代のわたしにとってはどっしりしてると感じるものでした。

しかし日本を守ろうと特攻隊やら戦地で亡くなっていった方々には、いまの政治のもめもめは見せたくないな〜と思うし、わたしのおばちゃまのお友達は90歳近いお母様がご健在。お孫さんのために放射能のことで食材のことやらで頭を悩ませると、「すぐに死なないからいいじゃない」というようなご発言。なんでも、戦争中はB29がやってきて攻撃をうけて、昨日まで元気だった人が亡くなる。本当に死ととなり合わせの怖い思いを経験してきたので、お母様はその体験にくらべたら、ということをおっしゃりたかったのだそうです。

戦争体験者の方々のたくましさには頭のさがる思いがします。そして亡くなっていった方々の魂が安らかにと願う、そんな1日です。




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
[PR]
# by hana-email | 2011-08-15 10:39 | あのころ